環境基本方針

2021年4月21日の当社取締役会におきまして、当社のマテリアリティ(重要課題)のひとつである「気候変動」をはじめとした環境問題に関する考え方をすべてのステークホルダーに対して開示するため、以下の通り「船井総研グループ環境基本方針」を定めました。

船井総研グループ環境基本方針

基本理念

当社グループは、気候変動をはじめとする地球環境問題への取り組みは世界的な重要課題であると認識し、サステナブルな社会の実現に向けて、当社グループ理念である「人・企業・社会の未来を創る」のもと、すべての事業活動を通じて、環境負荷の低減に向けた取り組みを進めてまいります。

基本方針

  • ①事業を通じた環境負荷の低減
    気候変動をはじめとする環境保全分野に関するコンサルティング及び業種別コンサルティングにおける環境を配慮した提案、助言、サポートを通じてお客様と共に環境負荷軽減への取り組みを行います。

  • ②事業プロセスにおける環境負荷低減の取り組み
    当社グループの事業プロセスにおける、資源・エネルギー消費による地球環境への影響を深く認識し、グループ全体の環境負荷の把握と低減に努めます。

  • ③対話と情報開示
    情報開示とステークホルダーとの対話を通じ、気候変動をはじめとする地球環境問題の継続的な改善に向けた取り組みを進めます。

  • ④環境教育の推進
    当社グループの全役職員へ環境方針の周知を進め、取り組みの推進に向けた地球環境問題に対する意識と理解の向上を図ります。

  • ⑤環境関連法規の遵守
    環境保全に関する法令・規則等を遵守します。

制定日:2021年4月21日制定
株式会社船井総研ホールディングス
代表取締役社長 中谷 貴之

ホーム

船井総研ホールディングス