トップメッセージ

中小・中堅企業に信頼される
「総合経営コンサルティンググループ」
を目指して

株式会社船井総研ホールディングス
代表取締役社長
中谷 貴之

株式会社船井総研ホールディングス 代表取締役社長 中谷 貴之

平素は船井総研ホールディングスグループをお引き立て頂き、誠にありがとうございます。皆様方の温かいご支援ご厚情に心より感謝申し上げます。船井総研グループは、中小・中堅企業に信頼される「総合経営コンサルティンググループ」を目指すため、創業50周年を迎えた節目の2020年に、「中期経営計画2020~2022」を策定いたしました。

コンサルティング業界の競争が激化する近年、当社のポジショニングとしては、外資系や戦略系コンサルティング会社とは一線を画す領域、すなわち「国内中小・中堅企業」に専門特化した総合経営コンサルティングにおいて独自の進化を遂げていきたいと考えております。
新たな中期経営計画においては、船井総研グループが目指す姿として、
①中小企業向け総合経営コンサルティング、
②中小企業向けDXコンサルティング、
③中堅企業向け総合経営コンサルティングの3つのコンサルティング領域を掲げています。

①においては、お客様である取引先企業の「成長実行」支援、「人材開発」支援、そして「価値向上」支援の3つをさらに深耕してまいります。
また②では、中小企業の生産性を上げるための中小企業向けDXコンサルティングを加速するため、2020年船井総合研究所内に「デジタルイノベーションラボ」という組織を設立いたしました。さらに③では、「アカウントパートナー室」を通じて、IPO支援・リブランディング支援・ホールディングス化支援など、中堅企業向け総合経営コンサルティングという、一段階上へのターゲティングにチャレンジしてまいります。

当社が対応するコンサルティングニーズとそのポジショニングについて

下表は、当社のクライアント先を縦軸におき、横軸にはコンサルティングニーズとそれに対応する当社のコンサルティング領域をおきました。縦軸の企業区分は単純化したものであり、横軸も、細かく分類せずに、当社の特徴に合わせて便宜上大きく3つのコンサルティング領域に分けております。

コンサルティングニーズとポジショニング
コンサルティングニーズとポジショニング

※経営コンサルティング事業…(株)船井総合研究所・船井(上海)商務信息咨詢有限公司・(株)船井総研コーポレートリレーションズ ※ロジスティクス事業…船井総研ロジ(株) ※ダイレクトリクルーティング事業…(株)HR Force ※その他事業…(株)船井総研ITソリューションズ・(株)プロシード・新和コンピュータサービス(株)

コンサルティングサービスのDX(デジタル化)を加速する

「withコロナ」の時代において、当社グループでは、船井総合研究所を中心に、中小・中堅企業のDX支援を加速していきます。
2020年3月より月次支援、経営研究会、セミナーといった当社コンサルティングサービスをリモート環境で提供しております。また、月次支援や研究会についても、リモート環境での対応を強化してまいりました。
加えて、中小企業経営者向け情報配信サービス「社長online」をリリースしました。スマートフォン、タブレットといった端末にアプリを導入するだけで、必要な経済ニュース、経営知識、業界情報をカスタマイズして入手できる会員制サービスとなっています。
このほか、ズバリソリューションと関係した集客プラットフォームや、会員企業の従業員をeラーニング形式で教育するオンラインアカデミーなどのデジタルサービスも提供しており、2020年代の中小・中堅企業をDXコンサルティングでリードしていく考えです。


今後もご期待に応えられる総合経営コンサルティンググループを目指して邁進し続けます。

今後ともより一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

ホーム

船井総研ホールディングス