沿革

1970年代<創業期>

1970年 3月6日 舩井幸雄舩井幸雄が設立
株式会社日本マーケティングセンター(現・株式会社船井総研ホールディングス)を設立。企業経営の総合診断を主業務とする。
1970年 9月 コスモスクラブを設立
経営者のための経営戦略研究会として会員制組織コスモスクラブを設立。
1972年 「変身商法」が大ベストセラー
舩井幸雄著の「変身商法」が40万部の大ベストセラーとなり、業績が急上昇。競争至上主義的コンサルティングからの方向転換が徐々に行われていく。

1980年代<コンサルティング業界初上場>

1981年 上場準備を始める
経営コンサルタントという仕事を世の中に認められることを目指すため、上場準備を始める。また、舩井幸雄一人に頼る体制を改めるため、業務の大半を社員に委譲し始める。
1985年 3月 商号を株式会社船井総合研究所に変更
1988年 9月 コンサルティング業界で初めて、大阪証券取引所第2部市場特別指定銘柄(新2部)上場

1990年代<サービス業への展開>

1990年 3月 流通業主体からサービス業主体へ
本告正が2代目社長に就任。流通業主体の経営コンサルティングからサービス業主体へとシフト
1993年 6月 商大阪証券取引所第2部市場に指定替え

2000年代<業容拡大期>

2000年 2月 株式会社船井情報システムズを設立(現・連結子会社。2014年7月に株式会社船井総研ITソリューションズに商号変更)
2000年 3月 「ギアチェンジ」による業容拡大へ
小山政彦が3代目社長に就任。「ギアチェンジ」をキーワードに改革を進め、業績、従業員数とも成長軌道へ。
2004年 12月 東京証券取引所第2部市場に上場
2005年 12月 東京・大阪両証券取引所第1部市場に指定替え

2010年代<組織再編及びグループ経営のスタート>

2010年 3月 「自律・自由・連帯」を経営方針へ
高嶋栄が4代目社長に就任。「自律・自由・連帯」を新方針に掲げ、グループ経営の礎となる方針を制定。従来の「成長実行支援」に加え「グレートカンパニー創り支援」を企業の存在意義に据える。第1回グレートカンパニーアワードを開催(以後、毎年開催)。
2012年 1月 中国に船井(上海)商務信息咨詢有限公司を設立(現・連結子会社)
2014年 1月 船井総研ロジ株式会社を完全子会社化(現・連結子会社)
2014年 7月 持株会社体制へ移行。商号を株式会社船井総研ホールディングスに変更し、経営コンサルティング事業を株式会社船井総合研究所へ、営業サポート業務を株式会社船井総研コーポレートリレーションズへそれぞれ事業継承
2015年 2月 株式会社プロシードを完全子会社化(現・連結子会社)
2016年 3月 中核事業会社である株式会社船井総合研究所の社長に中谷貴之が就任 従来の成長実行支援に加えて、人材開発支援と価値向上支援を展開。経営課題にワンストップで対応できる組織体制とした。
2018年 2月 株式会社HR Force 設立

創業からの業績推移

1970年~2017年の推移

拡大