CSR(社会的責任)

船井総研グループが使命とする、
5つの社会価値創造テーマ

当社グループが経営コンサルティング業を通じて、社会に貢献していくために
価値創造に取り組んでいくテーマとしては、以下の5つがあります。

  1. グレートカンパニーの創出「明日のグレートカンパニーを創る」は当社グループの中核会社である船井総合研究所のコーポレートスローガンです。私どもでは、社会性、教育性、収益性がそろった小さくとも質の高い企業をグレートカンパニーと定義し、一般財団法人「船井財団」主催の『グレートカンパニーアワード』の開催を通じて、多くの企業にとって優良モデルとなる“よい会社”を発掘し、世の中に広める活動を支援しております。 船井財団のサイトへ
  2. 地方創生、地域金融改革当社は2017年から新たな業種として金融業向けコンサルティングの本格展開を開始いたしました。これは、地域の信用金 庫等の金融機関と私どもの最大顧客層である地方の中小企業のネットワークを強固にすることで、地域経済の活性化に寄与することを意図したものです。地方発、グレートカンパニーの創出と金融改革を両輪でまわせるのは、船井総研グループだ からできることと自負しております。
  3. 中小企業の働き方改革支援人口減少、高齢化、労働力不足・・・中小企業経営者にとりましても、事業戦略上、人材採用と定着率アップが欠かせない時代になりました。私どもは常に未来志向で、人材採用、人事評価・給与制度、人材育成・定着、組織変革というマネジメント的経営課題を解決するコンサルティングサービスを提供し、日本の生産性向上を中小企業の働き方改革から支援してまいります。
  4. 中小企業のデジタル化支援アベノミクスの成長戦略として政府が主導する、4度目の産業革命がもたらす5つ目の社会、いわゆる「Society 5.0」の実現。私どもは、中小企業の生産性向上をICTコンサルティング(デジタル化支援)の視点からサポートしてまいります。
  5. 事業承継支援、戦略的M&A支援日本の中小企業数は減少を続けており、それと同時に経営者の高齢化も進んでおります。経営者交代率は長期にわたって下落傾向にあり、経営者にとって円滑な事業承継は喫緊の課題です。私どもは業種・業界を知り尽くした経営コンサルタントが、経営者の思い描く事業承継や企業継続成長ストーリーの実現をトータルサポートすることで、中小企業の活力の維持・向上に貢献してまいります。
ホーム

船井総研ホールディングス