船井総研コーポレートリレーションズ 
社長メッセージ

企業と企業のつながりを創る活動
コンサルティングビジネスのワンストップサポートを通じて
コーポレート・リレーションシップを創造します

株式会社船井総研コーポレートリレーションズ
代表取締役社長
柳楽 仁史

コンサルティングビジネスのオペレーター集団

株式会社船井総研コーポレートリレーションズは、船井総研グループ各社の事業活動を側面支援するシェアードサービス会社として設立されました。
 船井総研グループの特徴であるストック型コンサルティングでは、初めてのお客様との出会いが継続的なお付き合いに発展するまでに、いくつかの鍵となる活動プロセスが存在します。
一般的なコンサルティングビジネスでは、お客様との関係性を築いていく過程や手法が、ともすると属人化しがちです。当社では、こうした課題を解決するために、専門スタッフが連携し、それらを再現性の高いビジネスモデルとして仕組化しています。言い換えると、ベテランコンサルタントでも、入社数年の若手コンサルタントでも、経験やスキルに依存せずほぼ同じ仕組みで顧客開拓ができ、既存顧客との関係性を維持できる環境を提供しています。

「潜在顧客との接点づくり」と「既存顧客との関係性強化」

例えば、新規顧客開拓のためのセミナーを開催する場合、当社が管理する65万アクセスのWEBサイトや25万件の企業データベースから有効リストを抽出し、DM・メルマガなどの最適な手段で情報伝達することで、一定数の集客が担保されます。また、個別コンサルティング(月次支援)のご契約を頂いたお客様に関しては、コンタクトセンターから定期的にフォローコールを行い、満足度やご要望をお聞きしています。
このように当社では、船井総研をはじめとするグループ各社が本来のコア業務に専念できるよう、「潜在顧客との接点づくり」や「既存顧客との関係性強化」を支援し、それに必要な「営業情報の整備・提供」を行っています。

船井総研グループのサポート基盤を中小企業にも

コンサルティングなどのBtoBビジネスにおいては、企業間の信頼関係に基づく繋がりは非常に重要な要素であり、私たちはそのきっかけづくりから継続取引に至るまでワンストップでサポートしています。
最近ではこうした一連のサポートを、船井総研グループ内のみならず、グループ外の企業様にもサービスとして提供し始めています。例えば、船井総研がコンサルティングを通じてお客様にご提案した内容を、我々にアウトソースしてくださるケースなどが増えています。
「セミナーを開催して新規顧客を開拓したい」
「ネット反響への電話コール強化で見込み案件を増やしたい」
「ミステリーショッパー&コールで自社の接客品質を定期的にチェックしたい」
我々がこういったニーズに対応し、実務としてBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)という形式で引き受けさせていただいております。

『その先にいる誰かのために』

これは、我々が創業から掲げているコーポレートスローガンです。'その先にいる誰か'には、例えば当社グループの社員やその家族、また、お取引先やその先にいるお客様など、様々な解釈や範囲を含んでいます。
日本一規模のコンサルティンググループのフィールドで培ったオペレーション基盤やサービスを、一般の中小企業様にも広くご利用いただくことで、社会に貢献できるフィールドをさらに広げていきたいと考えております。

ホーム

船井総研ホールディングス