船井総研ロジ 社長メッセージ

物流・ロジスティクスのコンサルティングで日本一を目指す!
コンサルティングから物流業務受託物流トレーディングまで
一貫したロジスティクスサービスを提供します

船井総研ロジ株式会社
代表取締役社長
菅 重宏

ここ数年、物流業界は大変革期の真っ只中にあります。今まで、誰も経験したことがない「モノが運べない、運んでもらえない」時代が、すでに現実のものとなっています。
企業にとって物流とは、何事もなく運営されて当たり前であり、経営視点からは、単なるコストとして捉えられてきました。
いままでは、コストであり、削減対象であった物流は、今や企業の売上に影響を与える、大きな役割を持つに至ったのです。

人材不足とシステム化

コンプライアンスや規制は年々強化され、働き方改革を迫られる筆頭の業界です。時間管理によって、稼ぎたい若年労働者を集める求心力が低下し、ドライバーの高齢化は進むばかりです。また、ネット通販など「モノの売れ方」が変わり、物量は同じでも配送件数が1.7倍になり、より小口化しています。 この時間管理、高齢化、小口化により、ドライバーへの負担は増すばかりです。ラストワンマイルの配送主導権を持つ企業が、物流の覇権を握ると言われる理由です。 そのような環境の中、当社が提供するドライバー採用~育成~定着コンサルティングは、業界に対して明快なソリューションをお示しした、自信と実績あるサービスです。まずドライバーがいなければ、仕事も何も始まらないのです。
そして、採用後には教育研修、評価賃金制度などの改良が必須です。このような採用から教育、そして評価賃金に至る「トータル人事コンサルティング」は我々物流業界の持つ、課題のど真ん中を貫くサービスとなっています。

拠点の再配置と分散化

トラックドライバー不足による、輸配送の不安定を解消する方法のひとつとして「モノを動かさない、動かす距離を縮める」ことが挙げられます。できるだけ納品先の近くに物流センターを構え、配送距離を短く、かつ、納品までのリードタイムを短くする志向が増えています。
そのために物流拠点を再配置し、より小さく、数多い拠点立地へのシフトが進んでいます。ただし、倉庫新設には専門的な知見と経験が欠かせません。同時に、倉庫内の省力化、省人化も避けて通れない課題です。ドライバー同様、倉庫内の作業員の採用も困難を極めています。
拠点の分散化とそれに伴う倉庫新設に関するコンサルティング、そして倉庫内の省力化、省人化設計は、トラック不足の時代に合致したコンサルティングサービスです。
明確な課題を持たない企業に対しては「物流リスク診断」という簡易的な診断サービスで、まずは将来起きるであろう物流リスクを明確にするサービスもご好評をいただいております。

我々は何をもってお客様のお役に立つか?

我々は物流・ロジスティクスというテーマに特化した、コンサルティングと代行サービスを業としています。具体的には、以下4つのテーマに注力しています。

①物流コンサルティング
物流事業者には「トータル人事」コンサルティングを、荷主企業には「物流戦略立案~物流実行支援」コンサルティングを提供しています。当社の強みは、この両者にサービスを手掛けていることです。

②物流コミュニティ
当社は物流事業者及び荷主企業に対して、定例勉強会を開催しております。定例勉強会、各種セミナー、階層別研修、メルマガ配信などを通じて物流コミュニティを確固たる組織として拡大・運営しております。

③物流ネットワーク
コミュニティを持つことで、物流事業者及び荷主企業の双方が持つ課題を知ることができます。このネットワークを生かし、共同購買や業務マッチング、そしてIT化推進やマテハン提案など様々な課題にネットワークで対応します。

④物流データベース
上記3点を追求することで、必然的に物流データベースが当社に蓄積されます。運賃、倉庫料、作業料の相場や賃金水準など、業務を通じて得られるデータを当社が収集・加工することで、お客様のお役に立ちます。

以上、4つのテーマに絞って、当社は、お客様のお役に立ちたいと考えております。

調査・設計~調達~構築~運営管理に至る「物流エンジニア企業」を目指し、成長と変化が著しい物流業界において、時流を見据え、これからの業界を牽引する存在となるべく邁進する所存でございます。

ホーム

船井総研ホールディングス