ニュースリリース

2016-11-01T10:00:00 JST

【船井総合研究所】ADL(日常生活動作)の維持・改善!「中重度対応型」歩行リハビリの付加でデイサービスを収益改善へ

「歩くリハビリデイサービスへの業態転換セミナー」を東京と大阪で開催

株式会社船井総合研究所は2016年11月10日(木)と16日(水)、東京と大阪において「歩くリハビリデイサービスへの業態転換セミナー」を開催いたします。

デイサービスの経営は年々厳しくなっています。昨年の報酬改定による売り上げ減、利用率の伸び悩み、廃業や倒産など、挙げればきりがありません。要支援が切り離されることで、今後、事業者はさらに厳しい環境にさらされることが予想されます。
今後のデイサービス経営において不可欠となるのが利用率アップ、収益改善であり、その重要なキーワードとなるのが「介護度改善」です。

高齢者のリハビリのニーズの多くは「一人で歩けるようになりたい」「自分のことは自分でできるように回復したい」という思いです。
トイレに行くことや布団から起き上がること等、その在宅生活の基軸となるのが「歩行」です。在宅介護の中心を担うデイサービスだからこそ、高齢者の歩行を支えるリハビリサービスの提供が今、最も求められており、利用者をご家族から「お預かりするデイ」から、「改善・回復させるデイ」への転換が迫られています。

そのような中、皆様と同じように悩みながらも、短期間で大きく収益改善することに成功した事業所があります。
今回特別に「中重度対応型歩行リハ事業の付加でデイサービス収益改善」をテーマとしたセミナーを企画いたしました。
本セミナーでは、苦境の中、デイサービスの収益改善に成功されたデイサービスセンター「グッドリハ」を運営する株式会社オリジンの代表取締役と、介護度改善プログラムを開発した「シャロームリハビリステーション」を運営するシャローム株式会社の専務取締役をお招きし、社会貢献性と収益性を両立した新しいデイサービスの実例と導入方法を、わかりやすくご講演いただきます。
デイサービスの収益改善や、未来への対応を真剣にお考えの経営者は、必見のセミナーです。

セミナー詳細・お申込みはこちら
http://www.kaigo-keiei.com/seminar/011510/

「歩くリハビリデイサービスへの業態転換セミナー」開催概要
【東京会場】
日時:2016年 11月10日(木)13:00~17:00(受付12:30~)
会場:船井総合研究所 芝セミナープレイス
   東京都港区芝3-4-11 芝シティビル
   (都営地下鉄 三田線「芝公園」A2出口より徒歩1分)
【大阪会場】
日時:2016年 11月16日(水)13:00~17:00(受付12:30~)
会場:TKP新大阪カンファレンスセンター
   大阪府大阪市淀川区宮原4丁目1-4
   (地下鉄 御堂筋線「新大阪」4番出口より徒歩2分)

<本件に関するお問合せ>
船井総合研究所 介護・福祉・教育グループ
TEL.03-6212-2224(直通)/平日9:30~17:30
担当/ムラカミ ショウコまたはイマムラ ダイキ